お酒がダメな場合は | 高時給求人といえばガールズバ―が定番でしょう!
menu

お酒がダメな場合は

風船を見ている女性

もしガールズバ―に入店するんだったら、ここでいくつかの注意点を話していきたいと思います。

まずはお酒が苦手だという人もきっといるでしょう。
ガールズバ―ではお客さんにお酒を提供するだけではなく、自分もお酒をご馳走になることがあります。
ほとんどのお客さんはあなたにお酒をおごってくれますので、おそらく必然的に誰でもお酒を仕事で口にすることになるでしょう。
もちろんお酒が好きな人ならなにも問題ないと思いますが、苦手な人にとっては地獄だと思います。

もしどうしてもお酒が無理だったら、あらかじめ面接の段階で飲めないことを伝えておいた方がいいでしょう。
我慢して飲み続けても絶対に長期的に働くことはできないと思いますし、体を壊してしまう原因になってしまいます。
だから素直に飲めないことを伝え、仕事中はソフトドリンクしか飲まないようにした方がいいです。
もしくは、こっそり大量の水で薄めてから飲むようにすること。
お酒をご馳走になるといっても作るのは自分自身になりますので、自分で丁度いいアルコール濃度にすればいいと思います。
そうすればお酒を飲むことについて、そこまで苦痛にはならないはずです。

またガールズバ―で仕事をするんだったら、自分が好む服装で働ける場所を探してみましょう。
ガールズバ―によって着ることになる制服は異なり、場所によっては私服勤務になるところもあります。
ちなみにおすすめは、後者の私服勤務ができるガールズバ―です。
なぜかというと、自分の個性を出しやすくなるから。
つまりそれによってお客さんに好かれる可能性が出てくるので、時給アップがすぐ実現できるようになるかもしれません。